燃える想いの静かな月

地球のエースは、君だ…

今場所の遠藤 【令和2年初場所】 後編

◎十一日目

○遠藤ー妙義龍● 引き落とし (7勝4敗) 

今日は遠藤、立ち合い良い当たり!

相手を起こしてから引き落とし!

連敗を3で止めた。

なんとか明日で勝ち越しを決めたい!

 

◎十二日目

●遠藤ー北勝富士○ 押し出し (7勝5敗) 

好調、北勝富士との一戦。

遠藤、立ち合い良い当たりだ!

だが、なぜ引いた……。

そこを相手につかれて、一気に押し出されてしまった。

も、もったいない……。

勝負を焦っている感じ。

なんだか精神面が乱れているかな。

前半、遠藤自身も好調な自覚があったはずだから、

この星取を納得できないでいるのかもしれない。

これが相撲の、勝負の難しさよ。

この逆境の中でも、なんとか10番勝ってほしい!

がんばれ!

 

◎十三日目

○遠藤ー隠岐の海● 下手ひねり (8勝5敗)

けんか四つの両者。

互いに勝ち越しもかかっており、熱戦が期待される。

隠岐の海、下手を取らせない立ち合いの踏み込み!

突っ張り合いになった後、遠藤が左を差す。

だが隠岐の海は、上手は許さず小手投げに!

しかし遠藤も、上手く体を寄せて投げを防ぐ!

そして、鮮やかな下手ひねりで勝負を決めた!!

今日の遠藤は、持ち味の巧さあふれる相撲!

勝ち越して、来場所の三役復帰を確実にした!!

とりあえず、よしっ!!

 

◎十四日目

●遠藤ー豊山○ 送り出し (8勝6敗)

遠藤、立ち合いから廻しが掴めない。

お互いに突き合いとなり、我慢勝負に。

じわじわと押されていく遠藤だったが、ひるまずに前に出る!

だが上手く体勢を入れ替えられて、押し出された。

今日は終始、相手に廻しを許して貰えなかった。

だが館内が沸く、いい相撲だったのは間違いない。

二桁には届かなかったが、明日、有終の美を飾りたい。

 

◎千秋楽

○遠藤ー松鳳山● 寄り切り (9勝6敗)

取組前、初の殊勲賞受賞が決まった遠藤。

立ち合いの相手の勢いを止め、得意の左四つの形にすると

電光石火で寄り切った!

完勝で9勝目!

横綱二人を撃破した飛躍の場所に花を添えた。

 

白鵬鶴竜といった両横綱に、今場所で引退を表明した大関豪栄道

からも、白星を挙げた今場所の遠藤。

前半戦の相撲の盤石振りから、優勝の二文字も至るところから飛んだが、

遠藤自身も優勝を意識して浮足立ったかその後精彩を欠き、終わってみれば

9勝6敗の成績。

殊勲賞は初受賞したが、竜頭蛇尾の印象を残す結果となった。

だが今場所遠藤が、従来より大きく実力を上げたのは間違いない!

飛躍の時はそう遠くないはず!

遠藤ファンよ! 心してその時を待とうではないか!

以上、デーモン水羊羹の【今場所の遠藤】は、ひとまず終了だ!

フハハハハ! 機会があればまた会おう! さらばだ!!