燃える想いの静かな月

地球のエースは、君だ…

今場所の遠藤 (令和元年九州場所)

フハハハハハハ! 全国の相撲好きの諸君、ごきげんよう

吾輩はデーモン水羊羹である。

熱い取組が繰り広げられた今年最後の本場所、大相撲九州場所

先日幕を閉じた。

吾輩がひいきにしている力士、遠藤も怪我なく今場所を乗り越えて

ホッと一息ついているところである。

場所前に吾輩は世代交代の波が来ると予想したが、今場所を

制したのはベテラン、横綱白鵬

横綱は世代交代を許さず賜杯を手にし、自身の健在ぶりを

あらためて我々相撲ファンに見せつけた。

熱戦冷めやらぬが、吾輩がツィッターでつぶやいた

【今日の遠藤】をまとめたので見てほしい。

 

・初日

 

・二日目

 

・三日目

 

・四日目

 

・五日目

 

・六日目

 

・七日目

 

・中日

 

・九日目

 

・十日目

 

・十一日目

 

・十二日目

 

・十三日目

 

・十四日目

 

・千秋楽

 

残念ながら今場所、遠藤は負け越しという結果になった。

序盤の4連敗がありながらも、なんとか星を立て直すが十二日目の

白鵬戦で7敗目を喫し追い込まれる。

十三日目と十四日目は連勝し、千秋楽に勝ち越しを賭けて臨んだが

あと一歩届かなかった。

この最後の一番に勝っていれば勝ち越しとともに、初の関脇昇進も

みえていただけに非常に悔しい取組となった。

この悔しさ、敗北をバネに来年また、さらに上を目指してほしい!

目指せ! 関脇! さらに大関、初優勝!!

膝のコンディションもかなり戻ってきたし、相撲の上手さも

相変わらずだ。

あとなにか、もうひとつ殻を破れれば力士として、もう一段上へ

のぼれそうなのだが。

それが一番難しいことであるのはわかるが、誰よりも稽古を積んで

我々ファンを感動、歓喜させてくれ!!

信じて待っているぞ!!!

日本ハムファイターズ選手背番号一覧19

日本ハムファイターズ選手背番号

 

背番号   現選手     前選手     過去の主な選手

     斎藤      陽       森本 新庄 広瀬

     杉谷      大野      高橋信 小笠原

            田中賢     落合 白井一

     谷口      アルシア    飯山 奈良原 武田一

     大田      レアード    小谷野 稲田 セギノール 井出

     中田      田中幸

     西川      ハーミッダ   大引 糸井 坪井 中村豊

     近藤      西川      金子誠 片岡

     中島      ホフパワー   小田智 荒井

10    清水      赤田      スレッジ ウインタース 張本

11            大谷      ダルビッシュ有 大島康

12    松本      オビスポ    鎌倉

13    生田目     石井裕     須永 生駒

14    加藤      大塚      井場

15    上沢      メンドーサ   榊原 横山道 ウィルソン

16    有原      乾       多田野 金村暁 木田勇

17    浦野      ウルフ     今井圭

18    吉田輝     岡       藤井秀 岩本 河野 高橋一三

19    金子      トンキン    増井 林昌 厚沢 尾崎

20    上原      クロッタ    糸数 矢野

21    清宮      武田久     清水章 西崎幸

22    鶴岡      谷元      鶴岡 建山

23    渡邉      二岡      金石

24    野村      森本      陽 下柳

25    宮西      立石

26    淺間      西川      糸井 江夏

27    マルティネス  大野      中嶋 江尻 大宮

28    河野      ハンコック   新垣 正田 橋上

29    井口      木佐貫     八木 芝草

30    宇佐美     鍵谷      高橋信 金子誠

31    村田      岡       ケッペル 小谷野 田口昌

32    谷内      大累      中嶋

33    立野      バーベイト   須永 矢貫

34           吉川光     吉崎

35    西村      榎下      木下 今関

36    バーヘイゲン  中村勝     マイケル 藤島

37    柿木      矢野      土屋 石本

38    石井一     武田勝     桜井

39    秋吉      高梨      島田

40    福田      高良      金平 岩舘 實松

41    ロドリゲス   稲葉      

42    黒羽根     エスコバー   木田 スウィーニー

43    白村      若竹      西

44    ビヤヌエバ   森山      鵜久森 上田

45    平沼      増渕      今浪 佐久本

46    田中瑛     瀬川      植村 森本

47    鈴木健     田中豊     森内 菊地 関根

48    上野      高山      谷元 島崎 白井康

49    公文      石川慎     入来

50    鈴木遼     宇佐美     市川

51    石川直     村田和     小田智

52    宮台      ドレイク    バース 紺田 大貝

53            立田      工藤

54    玉井      大塚      野口寿 城石

55    難波      マーティン   運天ジョン 佐藤吉

56    吉川      藤岡      市川 中島 駒居

57    杉浦      屋宜      飯山

58    横尾      齊藤勝     高口

59    吉田侑     河野      金森

60           荒張      伊藤剛 新谷 グロス

61    姫野      杉谷      新谷 押本

62    望月      高濱      今成

63    北浦      上沢      中山光

64    田宮      谷口      鶴岡 オバンドー

65    梅林      太田      多田野 鵜久森

66    万波      大嶋      ダース 西浦

67    片岡      岸里      

68    石川亮     浅沼

69

70    今井      米野

111   宮田

112   樋口

113   長谷川

144   海老原

148   高山

162   高濱      

 

プロ野球オフ19-20移籍情報まとめ

プロ野球オフ19-20移籍情報まとめ (12/19時点)

◎残留濃厚 ◯残留可能性高 △残留微妙 ✕移籍濃厚 ▢不明

 

  中田投手   (ソフト)  → 阪神

  スアレス投手 (ソフト)  → 阪神

  川島内野手  (ソフト)  → 残留

  福田外野手  (ソフト)  → ロッテ

  十亀投手     (西武)   → 残留

  秋山外野手  (西武)   → MLB(レッズ)

  美馬投手     (楽天)   → ロッテ

  ハーマン投手 (楽天)   → ロッテ

  小野投手     (楽天)   → ロッテ

  今野投手     (楽天)   → ヤクルト

  嶋捕手   (楽天)    → ヤクルト

  銀次内野手楽天)    → 残留

  西巻内野手楽天)    → ロッテ

  涌井投手  (ロッテ)   → 楽天

  益田投手  (ロッテ)   → 残留

  酒居投手  (ロッテ)   → 楽天

  鈴木内野手 (ロッテ)   → 楽天

  荻野外野手 (ロッテ)   → 残留

  中島内野手日本ハム)→ 残留

  高城捕手 (オリックス)→ 横浜

  Tー岡田外野手 (オリックス)→ 残留

 山口投手 (読売)  → MLBブルージェイズ

 ビヤヌエバ (読売) → 日本ハム

  伊藤捕手  (横浜)  → 残留 

   筒香外野手 (横浜)  → MLB(レイズ)

※  鳥谷内野手阪神)  → ロッテ 横浜

  野村投手  (広島)  → 残留

  會澤捕手  (広島)  → 残留

  菊池内野手 (広島)  → 残留

  長野外野手 (広島)  → 残留

  松坂投手  (中日)  → 西武

  大島外野手 (中日)  → 残留

  バレンティン外野手(ヤクルト)→ ソフトバンク

  牧田投手     (MLB)  → 楽天

今場所の遠藤 (令和元年秋場所) ー粘れ、燃えろ、輝け!ー

先日まで熱戦が繰り広げられていた大相撲・場所

吾輩が推している力士、小結遠藤も見事勝ち越して今場所を終えた。

本場所中の15日間は、吾輩のツィッター【今日の遠藤】と題し、自由に

つぶやかせてもらった。

そのつぶやきを振り返りながら、遠藤関の今場所の闘い振りを回想し、

来場所へ向けて想いを馳せようではないか。

 

・初日

いきなり横綱鶴竜との対戦。

完敗であったが遠藤の状態は悪くなさそうであった。

 

・二日目

友風を押し出しで破って遠藤に初日。

 

・三日目

大関豪栄道を寄り切って連勝。幸先よい序盤戦のスタートである。

 

・四日目

今場所好調だった朝乃山を熱戦の末破る。

今場所の遠藤は土俵際の粘り腰が素晴らしかった。

 

・五日目

巨漢・碧山も撃破。

前半戦を一敗で切り抜ける。

 

・六日目

今場所最後まで優勝争いに残った、人気力士の貴景勝すらも倒した。

来場所、大関に復帰する強豪に対して白星を取れたのは収穫だ。

 

・七日目

五連勝できていた遠藤だが、同じ小結・阿炎の前に屈した。

終わってみればこの一番は、お互いの力士にとって来場所の番付を左右する

取組となった。

 

・八日目

桃色のまわしが眩しい千代大龍との一番も制し、連敗は免れた。

白鵬鶴竜の両横綱が途中休場する波乱の今場所、中日終わって好成績の

遠藤にも優勝の可能性が十分にあり、期待が高まってきた。

 

・九日目

と思っていたら、大関復帰を目指す栃ノ心の変化にやられ痛い黒星…。

うーん…、大関復帰を狙う男が注文相撲はないやろ……。

この敗戦で遠藤初優勝の夢は大きく萎んだ。

 

・十日目

そして北勝富士にも敗れ痛すぎる連敗…。

 

・十一日目

後半戦に入った土俵で、万全の相撲で相手を退けた。

つぶやいている通り、本当に芸術的な上手出し投げであった。

 

・十二日目

勝ち越しを狙ったがベテラン玉鷲に完敗。

今後いかに苦手のパワー系と戦うかが、遠藤が更なる高みへ登るための

鍵となるだろう。

 

・十三日目

元・大関琴奨菊との勝ち越しを懸けた一番は熱戦となった。

相四つの両者なので我慢比べになるぞ、と思ってたらやはりその通りの展開に。

琴奨菊が気迫たっぷりに攻めてきたので、やばいと感じたが遠藤も気持ちが

充実していた。

気迫溢れる上手投げで、粘る琴奨菊を土俵に這わせた。

勝った瞬間の表情と、勝ち越しインタビューでの笑顔は遠藤ファンには

堪らないものとなった。

 

・十四日目

ここまで優勝争いに残っている、ベテラン隠岐の海との一戦。

優勝への執念で積極的に攻めてくる相手に対して、遠藤もまったく負けてなく

脅威の粘りで応戦する。

特に俵の上で足が浮きながらも、指だけで残る場面は鳥肌ものであった。

最後は投げの打ち合いという、相撲の醍醐味あふれる取組にツィッターでも

つぶやいている通り、まさに熱戦・烈戦・超激戦と形容するに相応しい

超熱い相撲となった。

判定は不明瞭なものとなったが、取組は間違いなく感動を呼ぶ一番であった。

 

・千秋楽

今場所の幕内優勝力士となった御嶽海に豪快に寄り切られ、星取は8勝7敗という

結果で遠藤の秋場所は幕を閉じた。

 

今年最後の本場所となる九州場所での番付も、秋場所と変わらず西の小結

いうことになりそうだ。

しかし、返り三役として初の勝ち越しを果たしたのだから上々だ。

遠藤関の地力と実力は確実に上がっている。

来場所念願の初優勝を果たしたとしても、何もおかしくはない。

さぁ、そう思うと来場所がもう楽しみになってきた。

遠藤九州場所

粘れ燃えろ輝け!!!

セブンイレブンさんの地域限定の新商品(食品)を紹介すっぞ!

9/3~9/9のセブンイレブンの地域限定新商品

オッス! オラ水羊羹! 地球生まれの地球人だ!

ところでみんな! コンビニの食いもんは好きか? オラは好きだぞ! 

毎週毎週、新商品が発売されてんだけんども、入れ替わりのスピードが

速すぎてオラついていけねぇぞ。

ちゅうことで、コンビニのホームページで新商品をチェックしてたんだが、

とんでもねぇことに気づいちまった!

コンビニは日本全国に展開してるんだけんども、なんとそれぞれの地域

ごとに限定の新商品が存在すんだ。

その地域でしか食えねぇ、うめぇ奴らがいたなんてオラ、ワクワクして

きたぞ!

そんじゃ、さっそく紹介させてもらおうかな。

おっと、言い忘れてたけども今紹介すっのは、本部には絶対に手を出すな

って言われてる「セブンイレブン」さんだ。

関東

  • 無し

残念だけんども関東地域限定の新商品は、今週はねぇみてぇだ。

近畿

  • 手巻きおにぎり 炭火焼中落ち牛カルビ
  • 厳選米おむすび 天然真鯛の藻塩焼き
  • タレまぶしおむすび焼き鳥
  • さばの一夜干し幕の内
  • 赤魚の塩焼き幕の内
  • こだわり半熟玉子をのせた親子丼
  • つぶつぶ明太子の濃厚クリームパスタ
  • 1/2日分の野菜! たっぷりお肉の味噌鍋
  • ローストビーフ&厚焼きたまご

 どっひゃぁーっ! ヘビーなラインナップだなーっ! 

近畿地方には食にうるさいグルメ通が多いに違いねぇ。

オラはこの中だと、さば幕の内と半熟親子丼、お肉の味噌鍋が気になるぞ。

東海

  • 大盛りごはん! ガーリックチキン弁当
  • 焼鮭と明太子のごはん
  • 東海限定! 玉子と食べる濃厚ナポリタン
  • チキンステーキ(ガーリックペッパー)
  • たっぷりきのこのサラダ
  • 飛騨トマト&玉子焼きサンド

 うっひょーっ! 東海地方も近畿地方に負けず劣らずグルメだなーっ! 

今週はやたら、ガーリック押しだ。

飛騨トマトっちゅーもんが気になるな! 

中国・四国

  • かやくごはんおむすび
  • 肉と野菜の旨み広がる麺たっぷりソース焼きそば
  • コク旨ソースのジューシーナポリタン
  • 鶏スパ(唐揚げ和風パスタ)
  • 大盛り! 明太マヨのスパゲティ
  • 若鶏の炭火焼き&軟骨入りつくね

中国・四国地方のみんなは、他の地域の人たちと比べて麺類が好きなんか?

近畿、東海地方のラインナップがゴリゴリの肉食系なのに比べて、

こっちのラインナップは落ち着いて品のある感じがすっぞ。

信越・北陸

  • 手巻寿司 ツーンと辛い! わさび納豆巻き
  • まんぷく! チャーハン&チキン南蛮弁当
  • 長野限定! 半熟玉子とさっぱり野菜漬ごはん
  • 鶏の炙り焼き御飯(タレ&柚子胡椒)
  • 信州産きのこのチーズクリームパスタ
  • じゃがバター&ソーセージ
  • 5種の野菜と果実ドレチョップドサラダ
  • 胡麻ドレッシングのラーメンサラダ
  • がっつり食べる! 明太マヨネーズロール

このなかで目を引くんは、長野限定と謳ってる野菜漬ごはんだ。

地域限定どころか、ピンポイントで長野県限定だ。

長野の郷土食「やたら」っちゅう、野菜のふりかけを使ってるみてぇだ。

まんぷくとか、がっつり食べるっていうパワーワードにオラ、ドキドキすっぞ。

九州

  • 銀鮭と青高菜のおむすび
  • ふんわり玉子の親子丼
  • 炙り焼さば御飯
  • 魚介の旨味広がるまろやかちゃんぽん
  • あさりのボンゴレスパゲティ
  • 大盛! 明太マヨのスパゲティ
  • 甘辛鶏唐揚げのパスタサラダ
  • 豚しゃぶのパスタサラダ
  • 久留米ホットドッグ
  • くるくるホイップクリーム

九州地方のみんなは魚介類が好みらしいな~。

明太マヨのスパゲティは中国・四国地方にもあったけんども、あっちは

隠し味にレモン果汁を加えてるみてぇだぞ。

炙り焼さばと久留米ホットドッグが食いてぇなぁ~。

東北

  • とろ~~りチーズの豚丼
  • ピリッと辛い! トマチキパスタ
  • おつまみチーズ焼き! ポテト&ピリ辛チキン
  • 豚しゃぶとみぞれのサラダ

東北地方の人たちは辛いモンが好きみてぇだぞ。

三陸産わかめ蕎麦も東北地域限定っぽいけど、限定マークが表示されて

ねぇんで一覧には書かなかったぞ。

東海限定で書いた焼鮭と明太子のごはんが、割とどこの地域でも画像表示

されてっけど、オラはセブンイレブンのサイトを信じっぞ。

沖縄

  • 無し

残念だけんども沖縄地域限定の新商品は、今週はねぇみてぇだ。

北海道

  • 炭火焼ほっけ幕の内 礼文島水揚げ真ほっけ使用
  • ソースたっぷり! ナポリタン
  • 小海老のトマトクリームパスタ
  • 炭火焼き室蘭風やきとり 串無し
  • ブリトーベーコンもちチーズ
  • もっちりクレープ 粒あん&練乳クリーム

真ほっけなんてもんは、およそ北海道でしか食えなさそうで限定感が

半端ねぇな。

室蘭の名物「やきとり」は、普通のやきとりのように鶏肉ではなく

豚肉をつかってるんだぜ。

 

ふぅ~、これで一通り地域限定の新商品の紹介は終わったぞ。

今週だけで限定商品がこんだけ出るって、とんでもねぇことだぞ。

セブンイレブンの商品開発部の仕事ぶりには、オラ参っちまった。

その地域に住んでいる人たちの嗜好に合わせて、新商品を開発している

猛者(とも)たちの苦労を偲んで、ありがたく食わせてもらうぞ!

おめぇらの場合、地域限定だから離れた地方に食べたい商品があったとき、

なかなか手に入れることは難しいだろうけんどさ。

オラの場合は瞬◯移動があるから、でぇじょうぶだけどな。

じゃあ~ばいば~い!

 

吾輩が(勝手に)選ぶ小島聡の必殺技TOP10

吾輩の最も好きなプロレスラーが、小島聡選手である。

1991年にデビューしてから、今年で丸28目にもなる大ベテランである。

年齢も9月で49才を迎える、本物の大ベテランである。

大ベテランではあるが、その肉体・気迫・闘いぶりは、まだまだ衰えてはいないのだ。

だが、現在の小島選手の主戦場である新日本プロレスは、大人気を博しており、

多くの若きスター選手が在籍している。

いかに小島選手が良いコンディションを保っていても、興行でもあるプロレスに

おいて、世代交代の波に逆らうことはなかなか容易ではない。

そんな中にあっても、気合の入った熱いファイトでコジマニアの胸を打つ、

剛腕・小島聡

コジマニアの一人である吾輩が、小島選手の好きな技TOP10を発表する

コジマニア歓喜自己満記事である。

いっちゃうぞバカヤロー!

 

 10位 ダイビングエルボー

試合の中盤で小島選手自身と観客のテンションを上げる、フェイバリット・ムーブ

である。

いっちゃうぞバカヤロー!と、観客とともに絶叫してから放つ、トップロープからの

エルボードロップである。

若手時代から使用し続けている、コジの代名詞的な技である。

9位 ドラゴンスクリュー

全日本プロレス時代によく使用していた、足を取って捻りながら自分も回転して、

脚へのダメージを狙う技である。

共に新日本から全日本へ移籍した、天才・武藤敬司の得意技で、コジは他にも

低空ドロップキックや、足4の字固めなどの武藤ムーブをパクって、使用していた

時期があった。

パワーファイターで足殺しという引き出しがあるのも、小島選手のキャリアの賜物だ。

8位 マシンガンチョップ

ダイビングエルボー同様、試合の中盤あたりで使用されるコジマニアが沸き立つ

魅せ技で、破壊力も兼ねている。

相手をコーナーポストに押しつけ、チョップを長時間連打するという、単純だが痛い

このプロレスラーらしい技が、吾輩は大好きだ。

技をやられている相手の顔が、メチャクチャ痛そうなのも胸板が真っ赤になるのも、

コジの剛腕の破壊力を感じられて最高である。

7位 雪崩式フランケンシュタイナー

相手をコーナーポスト最上段に乗せて、首を両足でロックして自身の体重と重力を

利用して落とす、見た目が派手な大技である。

チャンピオンベルトを懸けた大一番などで使用される。

体重の軽いジュニアヘビー級の選手が主に使用する技だが、ヘビー級の体格である

コジがこの技を敢行すれば、大きなインパクトを対戦相手と客に与えることが

できるのだ。

6位 ローリングエルボー

この技を得意としている、故三沢光晴との対戦後から使用し始めた打撃技。

回転した遠心力を加えて撃つ肘撃ち。

右のエルボーを3~4発、連打したあとに繰り出すことが多いが、回転するときに

一瞬、隙が生まれるのでカウンターを食らうことが多い。

同じく三沢の得意技であるワン・ツーエルボーも、対戦後から使用している。

5位 DDT

相手の首を抱えて、自らはジャンプして相手の首をリングに叩きつける荒技。

コジがかって付き人をしていた破壊王・故橋本真也の得意技でもある。

フィニッシュホールドがラリアットであるコジは、伏線として相手の首への

ダメージを重ねる試合運びをするが、そのひとつとしてこの技がよく使われる。

相手のペースで試合が展開されているときなども、流れを変える起点として

繰り出すことも多い技。

4位 (雪崩式)コジコジカッター

DDTとともに、対戦相手への首攻めのひとつとして使われる投げ技。

相手に背を向けた体勢で相手の顔をつかみ、そのまま前方にジャンプして

相手の顔をリングに叩きつける技。

全日本へ移籍する前の新日本時代から使い続けている、ダイビングエルボーと並ぶ

コジの代名詞的な得意技。

相手をコーナーポストに上げて放つ雪崩式は、大きな試合にしか繰り出さない大技。

番外 コジMAXホールド

最初の新日本時代の一時期、使用していたコジには珍しい関節技。

相手の腕を締め上げる技だが、注目するのはなんといっても技の名前である。

カッコよさとダサさが融合した絶妙なネーミングである。

他にもコジの関節技は、川田殺しやコジメ(フェイスロック)など微妙な

ネーミングセンスで、そのせいか、これらの技の使用期間は短命に終わっている。

現在、新日本の後藤洋央紀が、コジMAXホールドと同型の技を昇龍結界(こっち

のネーミングセンスもすごい)と称して使っているらしいが、ぜひコジが後藤と

対戦した際、コジMAXホールドを長き封印から解いて、仕掛けてもらいたい。

3位 垂直落下式ブレーンバスター

相手を高々と抱え上げて、真っ逆さまの状態から、そのままリングへ頭から突き刺す

ように落とすデンジャラスな技。

コジは相手と組んだ体勢から、ブレーンバスターに引っこ抜くタイミングが、プロ

レスラーの中でもかなり上手いと、吾輩は思っているし、落とし方も上手なので、

食らった相手のダメージは相当大きいと思う。

威力もさることながら技のフォームも美しいので、興味のある方はぜひ、ご覧

いただきたい。

2位 CCD(コジマ・クラッシュ・ダイナマイト)

相手をボディスラムのような形で高々と担ぎ上げ、自身も横に倒れ込みながら相手を

垂直にリングへ叩き落とす必殺技。

6位で紹介したローリングエルボーと同じく、この技の原型が必殺技の三沢光晴との

試合の後から、使用し始めた技。

三沢の使用するエメラルドフロウジョンを研究、改良して開発されたコジの

オリジナルホールド。

その威力は絶大で、コジの必殺技のなかでは、ウェスタラリアットに次ぐ火力を

持っている(と、吾輩は思っている)。

現在は、使用頻度がかなり少ない希少な技なので、コジがこのレア技を繰り出せば、

コジマニアのテンションはMAXボルテージとなることは間違いない。

1位 剛腕ウエスタンラリアット

1位はやはりこの技、スタン・ハンセンから直接指導され、ただひとり継承された

コジ最強のフィニッシャー!

コジのぶっとい剛腕から放たれる、説得力抜群の一撃必殺技だ!

ラリアットを使うプロレスラーは星の数ほど存在するが、コジのウエスタンラリ

アットは桁が違う!

他のレスラーは力任せに腕を振り回すだけだが、コジのそれは野球の打者のスイング

のように、インパクトの瞬間に最大限の力を集約させて振り抜くのだ!

100%の剛腕で首をカチ上げられた相手は、あとはただ3カウントを聞くしかない!

相手が走り込んできたときに打ち込む、カウンター式も強力無比だ!

願わくばコジがリングを降りる前に、コジがハンセンからこの技を受け継いだ

ように、次代の熱い気持ちを持った若いレスラーに、継承させてほしい。

 

コジの技には色々な思いが込められている。

エルボーには三沢の、垂直落下式BBには川田の、DDTには橋本の、そして

ラリアットにはハンセンとコジを応援するファンの思いが。

優しくて強い、小島聡はファンの憧れだ。

何度倒れても諦めずに立ち上がる、小島聡はファンの誇りだ。

これからもコジマニアの想いを背負って、剛腕を振るって欲しい。